Nov 28, 2019

焼き物に触れる

先月、栃木の益子焼の焼き物市に初めて足を運んだ。まず驚いたのは数えきれないほどの店舗の量!作家さんたちが所せましと作品を並べ、益子の町全体が焼き物市場と化している。

ふらっと出かけた私達は人の多さと陶器の多さに圧倒され、思考回路が麻痺し、何を買っていいやらわからなくなり。。しかしせっかくきたのだからと器を手に取りぶつぶついいながら朦朧としながらいくつか購入することができた。

家に帰りコンクリートのカウンターの上に並べたときに、お部屋のイメージとあっていてホッと胸をなでおろした。陶器は特に、ダイニングテーブルや部屋のイメージ、つくる食事の雰囲気と合わせることで、その印象が変わる。

次回はいろいろ研究して、本腰をいれてお気に入りの陶器を探そう!と心に決めて。陶器は楽しい!

CLUB66的リノベーション事例
Posted in essayComments Closed 

関連記事