about

about

 

 

 

CLUB66が生まれた訳~現代版アンティークになれる家を探して

750_2903

リフォームの仕事をはじめてからずっと心にひっかかっていたことがありました。できあがった瞬間はこんなにきれいだけど、五年、十年経った時、この空間はどうなっているんだろうか・・と。

昔の日本家屋は職人さんたちが傷んだら手を入れ、削り、塗り、ほころびを治す・・・そんな使い込むほど味がでる空間を現代でつくってみたい!これから先にアンティークになれる住まいを。

そんなリノベーションがCLUB66の原点なのです。人の手のぬくもりを感じる空間で気持ちよく過ごしていければと願っています。

 

 

 

66的暮らしを実現!お気に入りの空間にリノベーションをしよう!

66的リノベーションの特徴は3つあります。

1) 職人さんの手の暖かさが感じられる手仕事の良さ。

750_5198既製品の工業製品を当てはめるリフォームとは違い、一つづつ手作りでつくっていきます。

たとえば本棚や収納も積層合板を使って その大きさにあわせて切だし、研磨をかけ塗装をしていく。取っ手はどれをつけようか、どんな丁番が最適か?大工さんや塗装屋さん、左官職人やタイル職人のプロの手仕事がその味を引き出していきます。

住んでみるとわかるのですが、人の手がはいったものは暖かい。そしてちょっとしたキズも気にならない。それがとても不思議です。誰かに包まれているようなそんな空間です。

 

 

2)不偏のデザインを追求して。

120708114456デザインというものはとてもむずかしいものです。流行のものをとりいれるのが好きな方も昔のアンティークな住まいに憧れる方もいます。

66的デザインは暖かさとそぎ落としたデザインの融合を目指し、不偏的なデザインを探っていきます。中性的であるが、無機質ではない、自然体の姿を空間で表現したい、と。

風通りを考え、回遊性のある間取り構成、玄関は広く、空間を広々みせるための工夫をする。収納計画も細かく配慮し造り上げる。設計の面からもいろいろなアプローチを行っていきます。

リノベーションデザインはそれぞれ世界に一つだけ。そこが面白い。自然の息吹を感じられる、そんな空間デザインを見つけていきたいと思っています。

 

3) 大地を感じる素材選び。

130518115537空間をつくっていくとき、間取りやデザインのほかに注意深く選ばなくてはならないのは「素材」。素材の持つ力というのは、思っている以上に空間を印象づけます。

水回りの床をクッションフロアのような樹脂の素材を選ぶのと、モルタルやタイルのを選び、職人さんたちがコテでつくりあげていくものでは力強さが違います。

コンクリートの天板、モルタルの床や壁、無垢材の床、タイル、鉄、木、ステンレス・・・どれをとっても使えば使い込むほど味がでるものを選びたい。家の中にいて大地を感じ、自然と共存している感覚を忘れないそんな家を目指して。

 

 

 

このようなことをコンセプトに66リノベをつくっていきます。ただリノベーションですので、大きさも形も、また希望コストも個々に違ってきます。それぞれに合ったプランをお作りしていますので、ぜひお声かけくださいね。

 

 

「家具」は空間構成の大事な要素。家具は空間を引き立てます!

750_519766の家づくりに欠かせないものとして「家具」があります。家具をつくるきっかけになったのはこの椅子。コンクリートの天板の高さに合う椅子がなかなか見つからず66の家にあうテイストを探すのも大変で、じゃあ、つくっちゃおうか、と大工さんとつくったのがことの発端。座面の布を選び、クッションのウレタンをチョイスし、形は?色は?機能は?と造り上げていきました。改良を重ね、何時間座っても疲れない椅子にたどりつきました。

それを皮切りにTV台や本棚、ダイニングテーブルやセンターテーブルなどなどラインナップもそろってきました。同じ素材でデザインの統一を図っているので66の部屋には66家具がよく似合います。

 

 

 

 

照明や雑貨、ファブリックもトータルコーディネートすることで理想に近づきます。

130409130411最後の飾りとなる雑貨や小物。案外軽視されがちですが、それこそが部屋づくりの重要なエッセンスになります。

お化粧でいえばファンデまでは上手にできたのに、最後のアイメイクやチークで台無し、みたいな感じです。雑誌にでてくるようなお部屋は必ずこの部分に力をいれてあります。もしご自分で探せないということでしたら私たちがお手伝いします!

 

 

 

 

 

 

人がいて、そこで楽しむことこそが「CLUB66」の原点。

aDSC_3075家は気持ちよく過ごせる「箱」にしか過ぎません。そこには、人がいて生活があります。芸術だったり、交流だったり、人の暮らしを彩るものがあってこその空間で、そこでくつろぎ楽しめる空間でありたいと願っています。

人はしんどかったり、忙しさに押しつぶされそうになったりします。この空間は人を癒し、たくさん楽しい気持ちを運んでくれます。

 

 

 

 

 

 

 

ぜひ66のお家に遊びに来て、体感してみてください♪

750_48402013年夏、板橋区の光が丘公園の入口近くの小さな戸建住宅を改修してCLUB66の初めての家が完成しました。10年以上前から使い込んで味がでる「現代版アンティークの家」の構想を持ちながら、大工さんを始め、職人さん達と共にCLUB66のコンセプトハウスが出来上がりました。この家はKS PROJECTの設計を行っている、私ONOが実際に住まいながら、その経年変化を体感し、また使い心地を実感している実験ハウスでもあります。

今までたくさんの方に来て頂き、食事をしたりお茶を飲んだり、と楽しい時をここで過ごしてまいりました。空間は実際に見て、触って、感じてもらいたい!今すぐリノベーションをしたいという方だけでなく、インテリアのことで困っている、暮らしのことで相談したいなど、なんでもかまいませんので、ぜひ足を運んでみてください。
予約制になってますので →こちらへ からお問合せくださいね。